2014/06/21

除草と土寄せ肥料

里芋の管理

植付から数日で草が芽をだし・・・
あっという間に緑の草原?になってしまう.
6月は除草と土寄せの月


期日:6月3日頃から10日間の作業
手順

■除草作業■
1:除草剤(畝間の雑草のみ、里芋は感受性が高いので注意!)
2:イモムシの捕殺(滅茶苦茶な数です ><)
3:散布後、最低2日は放置後に鍬で上辺の草を搔き取る
4:鍬で里芋に土寄せ

■土寄せ作業■
5:小型ロータリ(耕運機)で畝間を撹拌
ひとつの畝間に三回通す

■肥料■

期日:6月21日
硫酸アンモニア(流安):窒素肥料
量:お薬師、農免 各1袋

6:里芋より約30cm離して施肥
※芋の左側に施肥
(後日、反対側!に化成肥料を使うため
施肥する側は決めておく)

※施肥後に土寄せは不可!
除草、土寄せ後に施肥すること.
里芋が肥料焼けする.
土に混ぜてはいけない.

※次に除草する頃まで数週間開ける
その間に必ず施肥すること

:
:
:


| | コメント (0)

2014/05/05

里芋 手順

:

期間:5月3日、4日
場所:お薬師、農免
畝数:9、14

Satoimo1

:

掘り上げたタネ芋
この袋で27(お薬師)+20(農免)


Satoimo2

手順

トラクター起耕
植付幅(畝) 1m50cm
足跡を付けた場所に植える


Satoimo3

芋の間隔 約30cm
踏み込み
殺菌剤 散布
管理機にて土寄せ

Satoimo4

畝数 14(農免)、9(お薬師)

※翌日、除草剤 散布
(生えてこないことを目的とする薬剤)
(トレファノサイド:葉物+ラッソー:イネ科)

※父はここまで回復
無理は出来ませんが
順調でなによりです

:
:
:

| | コメント (0)

2014/04/28

種イモ掘り

4月28日
里芋のタネ芋を掘り上げる:ひと畝分(70m強)
植付場所:農免田圃とお薬師田圃(半分)
作業時間:6時間

その後の茄子植付準備につて

※タネ芋の場所は茄子を作付
手順は前回同様
雨が降る前に施肥、起耕を完了

※マルチは降雨後に実施.
※化成肥料が馴染む期間も必要!
植付まで最低、三日以上は開ける

| | コメント (0)