2014/06/04

茄子 施設2

枝の誘引
期日5月30日から

枝は横のチカラに弱く簡単に折れてしまうが、
縦方向には強い
枝は株の成長に合わせて施設の紐に誘引する.
最終的に両側3本づつ誘引する.

Nasu6041


Nasu6042


Nasu6043

すこしづつ獲れてきました

強風になりませんように!

:
:
:

| | コメント (0)

茄子 設備1

期日 5月23日

トンネルがいよいよ窮屈となり
ビニールによる擦れ、火傷が心配され撤去する.
いよいよ収穫のための設備構築へ.

※前週にて
トンネル内に支柱の設置を実施済.
五月中旬以降は西風(強風アリ)避け必須う
トンネルの役割重要


Nasu5301

:

トンネル撤去、タキロン片付け
(1日必要)

:
:

Nasu5302

手順
1:鉄パイプの設置
ハンマーにて打ち込み必須
両端に4本、等間隔(5ないし6苗)に
バツ印(2本)にて設置
※等間隔が重要、
鉄パイプ同士を紐で繋ぎ(風に対する強化策)
施設を横断させるため.

2:竹を立てる(等間隔)

3:鉄パイプ+竹を紐で繋ぐ(施設縦方向:強化)

4:バツ印鉄パイプ同士を紐で繋ぐ(施設横方向:強化)

Nasu5303

:
:
:

| | コメント (0)

2014/05/05

茄子 まとめ 1

:

茄子の植付まで まとめ

Nasu1

:

畝数×6
(畝幅2m、最後のひと畝は
里芋のタネ芋を掘り上げてから)


Nasu1jpg

:

トンネルの作成
延々とタキロン(骨)を挿す
場所によっては土壌が固く
両手が必要・・・腱鞘炎になったよ ><


Nasu2

:

植付終了

実は茄子はこれからが大変!
木の成長と共に支柱から囲いまで、
枝の剪定もあって管理が欠かせない.


Nasu3

:

今は平面的な風景だが
茄子は成長と共に枝を広げ縦に伸び・・・
ひと苗は両手で一抱え以上、
施設は大人の背丈を越える @@
たぶん施設は七月には完成してる?

:
:
:

| | コメント (0)

2014/04/28

準備と植付


4月22日から25日
マルチ、タキロン挿し、トンネルまで完成
畝数:5

4月25日
育苗農家より苗引き取り
数:392本
(作業は昨年より10日の遅延)

4月26日、27日
植付終了

手順
※株間:75cm
※薬剤投入後に植付
(ひと畝×65本前後)

※換気のため植付後に
10-20cmの隙間作成
終日この状態でOK

4月28日
里芋の親芋を掘り出した後に植付の準備
予定数:ひと畝×65本前後
手順は前回同様
※降雨前に起耕、施肥まで完了(雨待ち)
※管理機にて溝(排水)の作成
全体の見直しも


※晴天続きで土の乾燥が激しく
マルチの敷設は天気との兼ね合いにて実施

※マルチは降雨後に敷設.
※化成肥料が馴染む期間も必要!
植付まで最低、三日以上は開ける


| | コメント (0)

2014/04/17

畝立て手順

期日:4月16、17日
場所:お薬師田圃
作物:茄子
作付予定畝数×5

●手順●
前回、石灰窒素など施肥
一週間以上放置が必要

※トラクターにて全面起耕
※畝立て間隔:2100mm
両側に目標支柱の設置し6畝を準備
(茄子植付×5、飼料作物ソルボ×1)

※管理機にて縦に溝掘り:最大の深さで!
※管理機にて更に掘下げ:深さは浅く(約半分)
(管理機は深い、浅いにて二度の掘下げ)
※用水側より1800mmの位置に横縦断にて溝作成
(排水の為に必要)

※作成した5畝に施肥
化成肥料×5袋
(ひと畝に1袋使用)
硫マグ×2袋
(3畝に1袋使用)

以下は必ず同時仕上げのこと
日にちを開けない(雨注意)

※施肥後、トラクターで畝の上だけ起耕
(バックで畝奥まで下がり起耕しながら戻るの繰り返し)
※再度、管理機にて浅く(半分)全周
※縦溝に傾斜を作成する
(排水を促す施工)
半分より浅いで掘下げ更に半分の距離を掘下げ
これで傾斜を作る
※用水への排水管周りを整理

以上で茄子作付の畝立(5本)終了

:
:
:

| | コメント (0)