2014/04/28

結石

二年振りの結石
なんだか車検みたいです

今回は3月27日に診断確定
約10mm弱、CTにて確認
(X線には映らない!嫌な予感あり)
骨に隠れると判別が難しいようです・・・

自力排出は断念して今回も破砕手術
4月11日に日帰り手術完了
※当日のX線撮影でも映らない ^^;
※造影剤にて詰まっている場所を特定し破砕術開始
(予想が正しい:それほど今回は場所が微妙だったようです)
時間:45分以上だったと思う
※破砕中は・・・地味に痛い・・・

術後経過は最悪(破砕されていないと思う!)
前回とは違い、見てわかるような潜血も痛みもない
嫌な感じ・・・腰の痛みは解消されす

今日、術後の診察、検査
予想通り潜血アリ(数値上)、
白血球異常により炎症の可能性アリ
まあ手術失敗ってことですな ><
(事前に再手術の可能性アリと説明受けてます)

結局、6月上旬に再CT検査となりました
(今回もレントゲンには映りません!)
いかしなあ
CT検査、予約待ちっていわれたけど
混み過ぎじゃないの ><)

腰は時々、痛む程度なんだけどね
動くと激痛なんで・・・
ちょっと遠出は無理かもしれません.
あーあ、想定外の出費が痛いわあ

:
:
:

| | コメント (2)

2014/04/07

50年


先日、母の五十回忌の法要を
無事につとめることが出来ました
いわゆる弔い上げということです

今回、父が病に伏せていることもあり
自ずと家長としての役割を果たすこともあって

参列のご挨拶を含め
いろいろと想うところも多く、
人生の節目として感慨深いものでした.

その中でも印象的だったのは
叔父叔母をご夫婦(6組)で
参列して頂いたのですが、

なんだかね
みんな好い爺さん、婆さんなんですけど
私に向けた眼差しは
当時のおじさん、おばさんな訳です

今思えばあの感覚は
親族一同が会する結婚式の当日以来、
二度目だったように思います.

五十年が経ちました.
姉が六歳、私は三歳.
なんの因果か、昨年、東京オリンピックの
開催が決まりましたね.

昭和三十九年、
TVで観た東京オリンピックを覚えています.
そこには母がいました.

もちろん記憶の中には
母の顔も声も具体的なモノは
なにひとつありませんが

幼い瞳に映った物語として
母がそこに居たことを
知っているのです.

母の兄が
幼かった私達にかけた言葉を
久々に聞きました.

〝お前達を遺してくれてよかった〟
私達、姉弟にとって重い言葉です.

その私が五十回忌の節目に
傍らに成人した子供等を従え
仏壇を背にしておりました.

はじめて心から
ありがとう御座いましたと
感謝の言葉を云えた
ように思います.

そして少し肩の荷が
おりたような気も致しました

| | コメント (2)

2013/09/06

MTB

中古のマウンテンバイク(MTB)を買いました.
日課となりつつある公園散歩.
そこまで車で移動してたんですが、
ダイエットも何とか続いているため、
ここいらで自転車を購入、新しい足としました.

:

E62

:

往復20分。。。
どんだけカロリー消費できるんかな?

もう、最近はこればっかし ><
やたらとカロリー数が気になるのでした.
勿論、めっちゃ楽しいのですがね・・・・
健康の為って・・・つまんないなあ・・・

:
:
:
:

| | コメント (4)

2013/02/11

好きなこと

:

携帯が鳴る.
設定したのは二時間.
いとも容易く費やした.

:

A139

:

人は我を忘れて・・・というが
そのひとつが車のメンテナンス.
30年以上乗り続けているバイクにだって、
こんなに時間を割いたことはなかったよ.

生涯、はじめて車を弄ってます.
きっと始めれば・・・・
ここまで行くことは承知してたんだけどね.

今日も楽しい時間が過ぎていきました.

:

Ads1

before
:

A131

after
:

A130

:

エンジンルームの模様替え終了♪
次は劣化した純正部品の入れ替えです.
先ずはラジエター・リザーブタンクなり.

:
:
:

| | コメント (5)

2013/02/10

歴史

:

Awqa1

:

ここにはかつて川遊びをするには
丁度いい用水があった.

川底にコンクリートなんて無かったし、
川の淵から釣り糸をたらし
ウグイやフナ、モロコを狙う.

餌はミミズやヨモギの穂に巣食う
蛾の幼虫だった.
これ昭和40年代前半のお話.

いつしか用水はクンクリートでコの字型に固められ、
稲作のシーズンが過ぎれば干上がった.

そしてとうとう農業用水は
地中に埋設されることになりまして、
もうここに綺麗な川があったことなんて、
誰も知らなくなるんでしょうね.

息子達にかつての様子を伝えるも・・・
さっぱり実感が湧かないらしい.
仕方ないよなあ.

だって親父は言うんです.

この堤防(河川)沿いを
米軍の爆撃機、艦載機が
内陸の軍事工場を空襲するために
何度も行き来していたんだと.
その度に松林に身を潜めていたんだそうです.

さっぱり実感が湧きませんもんねえ.

でもでも・・・
そんな時代は絶対に
繰り返して欲しくないですよね.

:
:
:

| | コメント (0)

2013/02/09

うれし恥ずかし注腸検査

腸の検査結果を聞いてきました.

異常なし

あー良かった・・・のか?
実は昨日も今日もお腹の具合は最悪です.
チクチク痛いし・・・下痢だし(失礼)・・・
ほぼ一、二週間単位で繰り返します.
このままだと神経性胃腸炎って病名だけが
独り歩きしていきます.

ほんと何とかしてほしいよ.

:

あっ、「うれし恥ずかし」だった.

この検査、予備知識は何もありませんでした.
先生に勧められて内容を聞くよりも、
原因が知りたい一心だったのです.
正直、まあたいしたことないだろ?って思ったんだよ.

あきません

終始、バリウムの管付けてのX線撮影ですぜ.

お尻に管ついてますのよ・・・当然、空気も送ってますな.
お腹、ぽんぽん♪
漏らしそうなのを我慢がまん ><

さて、実はここからが難行苦行!
ベットに横になってるでしょ.
X撮影はバリウムを追っかけて撮るのですよ.
直腸から順次、小腸までバリウムを送り届けるのです.

誰が?横になっているワタシが動くのさ!

右、下、左、上・・・ちょっと左・・・
技師の方の指示に従い
何度も何度も体位を変えて
クネクネした腸に液と空気を送るんです♪

じゅるじゅる音がします・・・
お腹の中をバリウムがじゅるじゅる回ってます♪

当然、ベットは頭が下がったり、
立ち上がったりもします ><
お尻の管が抜けそうです!

じゅるじゅる・じゅるじゅる・・・

しっかり体を支えないとずり落ちます!
頑丈そうな取っ手が顔の横、
お腹の横にあるんです!

体操競技の鞍馬みたいなやつです.

逆さになって・・・
取っ手にしがみついて・・・
お尻に管つけて・・・

じゅるじゅる・じゅるじゅる・・・

内視鏡検査のうほうが良いんじゃね?
と思う今日この頃でありました・・・

終わってからもトイレに30分立て籠もり.
お腹の空気を抜くのが大変です.
ガスが移動すると痛いです.
腸の動きを止める注射がありましたが、
その効果が切れ始めると
急激に痛みが増します ><

そうそう、前日は朝から食事制限、
夜には下剤飲んでお腹はスッカラカン♪
就寝どころじゃありません.
油断してると水便が漏れそうで(失礼)

注腸検査・・・恐るべし・・・

まあ何事も無かったから、
こんな暢気なことを
書いていられるんですけどね.

:
:
:
:

| | コメント (4)

2013/01/24

爪割れ

薬指の爪が立てに割れている.
聞けば老化だとかなんだとか・・・
どの爪も縦方向に筋があって、
特に顕著なのが薬指.
一度は元通りになったけど、
1ヶ月も経たない内にまた裂けた.

:

Aw1qa

:

縦に割れ始めたのはここ数年.
伸びた分だけ裂ける.
爪先から3mm前後だから、
我慢できない訳じゃないけど・・・

洗髪やタオル、掛け布団とか
髪の毛や繊維が裂けた爪に
ひっかかって始末が悪い.

最悪、裂け目が広がる ><

これどうするの?

前は瞬間接着剤でケアしたけど
数ヶ月、かかったもんなあ・・・


:
:
:

| | コメント (6)

2013/01/18

さびーです

:

Asaawq12

:

ずびーーーーーびーーー
さ・みー・っす

鼻はあっという間に赤くなるし、
足を踏みふみ、ばたばた、
北風なんか負けるもんかって、
気持ちだけは勇ましくありますが、
無理はあかんなあ.

外気に慣れる?と
感覚が麻痺するのでしょうかね.

部屋に戻ると手足がジンジンして
頭はぼーっとするし
顔は風呂上りみたいに火照っちゃうし

何よりも・・・人前で鼻水が出てないか
不安だったりします.

ある意味、マスクは必需品だわ!

:
:
:


| | コメント (0)

2013/01/10

the Hotel

きっと僕が知らないだけで、
もっと豪華で重厚なおもてなしの
旅館やホテルはいっぱいあるに決まっている.
だけどそれが記憶に残る場所となるかどうかは
人それぞれだ.

あのとき、
もう一度、行くならこのホテルだと思ったのは、
それだけ思い入れのある時間を
その場所で過したということで、
縁だとか出逢いだとか・・・
そういう言葉が合っているように思う.

そこは志賀高原にある丸池観光ホテル
社会人となって経済的にも時間的にも
余裕が出来始めた頃、足繁く通ったスキー場だ.
その拠点が丸池だった.
お歳暮商戦から年末年始、
休み無しの連続勤務から開放された
2泊4日(バス1泊)のご褒美.

宿泊地から朝イチ、バスで焼額山まで行き、
リフトを乗り継いで一日掛かりで戻ってくる.
丸池からは横手山、熊の湯へも行けた.
友人や仕事仲間と過したスキー三昧の日々は
僕の財産のひとつだ.

そして丸池観光ホテルを選んだのは彼女だった.
何も特別なことを考えていたわけじゃない.
ただただスキーが好きで、
単純に地理的条件の良さだけで選んだそのホテルは
思いのほか料理が絶品で、
その日の出来事が食事を通して
心の奥深くに刻まれてゆくようだった.

ガラス越しに見るゲレンデ.
スキーヤーが弓なりの弧を描く度に雪煙があがる.
仲間達の喧騒をよそに
雪上車が上下する夜更けのゲレンデを眺めるのも好きだった.
もう20年以上前の思い出だ.

それが残念なことに
2010年に丸池観光ホテルは閉館したそうだ.
先日、長男のバイト先を検索する折に
ちょっと気になって調べたのだ.

またひとつ思い出の場所が
無くなってしまったなあ.

それで思うんですよ.

いつかまたやってみよう・・・
前はそんな曖昧な気分でも許せたけど、
そろそろ時間的な制約以上に
体力的な問題もあるから
出来るうちにやってみる!
そんな思考回路が今まで以上に大切だなあと.

:
:
:
:


| | コメント (2)

2012/09/02

町内ソフト

町内で8チームを作っての
ソフトボール大会があった.
もう30年以上も続く恒例行事で、
参加資格は高校生から60代までの老若男女.

(試合には各世代1名以上、
女性も必ず出なければなりません)

まあ年齢制限があるとは言っても
応援も含めて参加するこの行事は、
ほぼ一家総出の一大イベントです.

町内運動会とか無いから、
まあそのかわりなんでしょうが・・・
何がビックリ@@かっていいますと、
どの年代も参加率が高いということ.

特に高校生、大学生、新社会人など、
若い連中が集まっては
同窓会みたいに盛り上がってる風景が
なんとも微笑ましいのです.

でもって、
子供会のソフトボールチームで
コーチしてたから、
なんかもう懐かしくって!
見かけなくなったのは、
ほぼ中学3年間だけの期間なんだけど、
皆、背丈も風貌も男らしくなってて、
おー元気か!って声かけてやると
エヘヘってなあ・・・照れ笑いがヨロシイ♪

勿論、我が家も
次男は早朝から試合に出て、
長男も昼過ぎにはこの行事の為に
帰省しておりますが・・・

打席に立つたびに
よそのオッチャン達が

お前?アキラ?

デヘヘ ^^:

を繰り返しておりました.

その時、思ったんです.
子供達は地域の人達と共に
成長してるんだなあって.

この行事が30年以上続いていることの意味を、
ひしひしと感じた1日でした・・・・

さてさて・・・やんなっちゃうのが筋肉痛 ^^;
痛みのピークは明後日なんだろうなあ・・・

:
:
:
:

| | コメント (2)

より以前の記事一覧