« 50年 | トップページ | 冬瓜 植える2 »

2014/04/08

冬瓜 植える

場所:お薬師
畝数 4
数:214鉢

●手順●
株間:80cm
注:株間60cmの部分アリ
(予定数オーバーの原因と予想)
水遣り:ひしゃく半分
アブラムシ防除薬剤:ひとさじ(大)
作業時間:1日
残数:190株(新田へ)

※昨年より約1週間の遅れ
(近隣では早いほうですが)

※苗を専門に扱う農家に
種を持ち込み育苗の依頼(購入)

※当然、我が家で収穫した冬瓜.
今回、これが人気に苗だと知る.
毎年、400鉢を購入するが
当然、持ち込む種はそれ以上あって、
余った苗をよそ様にも売ってるらしい ^^:

この苗業者さん
大手メーカのタネ屋さんから購入した種でも
もちろん育苗、販売するそうですが・・・
購入者は父のモノを指名買いするそうです.
当然、数に限りがありますしね
ちょっとしたプレミアものらしいです!

父が長年、育て上げた商品です.
やっぱ凄いわ、83歳現役農夫、誇りです.

|

« 50年 | トップページ | 冬瓜 植える2 »

コメント

お父さま、すごいですね。
自分が作った作物を指名買いされるって、嬉しいでしょうね~。。
83歳現役農夫、すごいです。
碧さんも、お父さまに続け!!ですね(*^ー゚)bグッジョブ!!

投稿: ジャスミン | 2014/04/15 21:31

父は独りでする農業を極めた人です.
その分野?では一目置かれる存在ですが、
良い商品を作る人かというと少し違います.
いつも平均点か
それを少し下回る位の商品を市場に出荷します.
その中でも冬瓜の苗と里芋だけは
指名買いさているのが現状です.

JAが定める規格商品を作らないのは
手抜きじゃないのです・・・
独り農業の限界ですね.
消費者が求める厳格な規格商品(イワユル姿の美しい野菜)を
独りで大量に出荷することは長続きしません(体力的に厳しい)
手間暇を惜しまず農作業に励む父ですが、
規格外の野菜を廃棄処分することはできません.
作付面積が少ないですからね ^^;
何とか売り切り現金収入を得なければなりませんので.

なかなか厳しいです

投稿: 碧 | 2014/04/18 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50年 | トップページ | 冬瓜 植える2 »