« 命についての便り | トップページ | 獲物 »

2013/02/26

スカーバラの市

:

Parsley, sage, rosemary and thyme

四種のハーブが唐突に出てくる.
当時は不思議だったけど・・・
これらは薬草として
日常生活に定着している代表的な品種だった.

生活習慣のなかで
ハーブに想いを託すことは
容易に想像がつく.

忍耐強く時間が経つのを待つ
時が薬となることもあるよ.

:

:
:
:

|

« 命についての便り | トップページ | 獲物 »

コメント

どこかで聴いたことのあるメロディー
・・・
サイモンとガーファンクル??
が歌っていたような記憶が・・・
違ってたのかな~。。
歌詞はよく知らないけど
こんな歌詞だったんでしょうか。
しかも、パセリ・セージ・ローズマリー・タイム
面白い。

投稿: ジャスミン | 2013/02/26 17:50

ジャスミンさん、こんばんは
そうです、馴染みがあるのはS&Gですよね.
そもそもこの詩は、もっと以前から
英国で歌い継がれてきたもののようですよ.

それと最近、ここで紹介している洋楽は
全て同じ方が訳されているものです.
僕のお気に入り ^^
どれも日本人の感覚に馴染むように
絶妙な距離感で翻訳をされています.
非常に語学に堪能であろうことが
アップされた楽曲への数々のお礼のコメントからもよく解るものです.
一度、youtube と表示されるリンクから辿ってみて下さい.
どれも秀逸なものばかりです.
訳者:keiさんです.

投稿: 碧 | 2013/02/26 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 命についての便り | トップページ | 獲物 »